ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

喜ぶ者と共に喜べ!

f0229700_20331749.jpg



教会員の家庭に招かれたときの事。キッチンに新しい冷蔵庫があったので嬉しくなり、「いい冷蔵庫ですね」と言うと、その家の婦人が「前の冷蔵庫が古くなって故障が多くて。十年以上使っていたのでダメになったので・・・。それに型落ちでセール中だったのですごく安かったんですよ。前の冷蔵庫をもう少し使おうと思ってたんですが、音が大きくなってどうしようもできない・・・・」と、しきりに言い訳をされているような感じで、少し悲しくなってきた。私は新しい冷蔵庫を購入できて良かったと思い、一緒に喜びたかっただけだったから。普段は大きな車に乗っているのに、教会に来る時は古い軽自動車で来る人がいた。その人にお願いした。「普段乗っているいい車で来てください。そして一緒に楽しみましょう。」

なぜ、新しい冷蔵庫を購入した言い訳をしないといけないのか。どうして教会に来る時には質素にしていなければならないんだろう。それは聖書の教えなのか。日本人として養われた意識なのか。民族学者の柳田国男氏は、日本人は「ムライエ意識」が強く、互いの間の平等意識を強く求めるという。ムラに生きるためには、できるだけ目立たないように気を配り、世間並みということに価値を置く。絶えず他人との比較の中で自分の位置を確かめる。
ここにあるのは妬まれることに対する恐れである。妬むとは他人が受けた祝福や豊かさをうらやましく思い、時には自分よりも幸せに見える人を憎むことである。妬む人は、内にある本音を隠し、自分を正当化し相手を非難する。正しくして反論の余地の無い理由を隠れ蓑にして非難する。      ~オリーブライフ5月号より~

創造主は祝福の神である。神はアブラハムに「わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう」と言われた。その結果、アブラハムは家畜と金銀に富む者となった。聖書が教える祝福の原則は、誰かが祝福されたら共に喜ぶ。誰かが豊かになったらさらにその人の祝福を祈る。祝福も成功も主から与えられるもの。誰かが素晴らしいことをすればみんなで喜び拍手する。これこそキリストにある共同体の交わりである。栄光は主に在り。あなたの隣人が良いものを購入したら、さあ一緒に喜びましょう。聖書は喜ぶ者と共に喜べとあります。私も3月に新古車を購入しました。後部左側のドアは自動で開きますので、タクシーのようです。送迎車として大活躍。みなさん、どうぞ喜んでください。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-05-07 05:31 | 日記 | Comments(0)
<< のっけ盛り フラワーソープ >>