ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

聖ポリカルプ

f0229700_18114383.jpg


 紀元4世紀頃に書かれたユウセビウスの「教会史」の中にこのような記事があります。使徒ヨハネの弟子でポリカルプという人がいました。彼は86歳まで生きましたが、その晩年において大迫害が起こりました。そのときこの老人を捕らえる兵士が、こんな老人を殺すには忍びないというので、口先だけでもいいから、「キリストを捨てます」と言え。そうしたら助けてやると言いました。あんまりよぼよぼしていて哀れだから、同情心を起こして、兵士がそう言って勧めたのです。ところが老人ポリカルプは答えました。「86年間、私はキリストに仕えて来た。キリストは1度も私に誤りをさせ給わなかった。どうして私は自分を救ってくれた主を今になって冒涜することができようか」と。こうしてポリカルプは殉教を遂げました。
 私はこのポリカルプのお話が大好きです。ここに信仰者の姿を見ます。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-05-28 18:07 | 日記 | Comments(0)
<< 福音のはじめ 愛する息子 >>