ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

明後日はバラの会

f0229700_559863.jpg


 明後日はバラの会特別礼拝。バラもほぼ満開状態で明後日の観賞会を待ちわびているようです。さてバラは美しい花の代名詞としてよく用いられますが、そのバラの花言葉は「愛情」です。聖書には愛と訳せる語が3つあります。1つは「エロス」という愛です。これは男女の間における肉体的な愛情を表わします。日本でも「エロチック」などと使って、いやらしさを感じる方もおられるかもしれませんが、本来は美しい言葉です。

 2つ目は「フィレオー」という愛です。フィレオーというのは、人間同士の愛です。友が友を愛する。人が人を愛するという愛です。アメリカ東部にフィラデルフィアという街があります。この街は1776年にアメリカで独立宣言が読まれた街ですが、この名前の意味は兄弟愛という意味です。「愛する」というギリシア語のフィレオーと、「兄弟」を意味するアデルフォスから作られた言葉です。このフィラデルフィアという街は、17世紀にイギリスから渡った清教徒たちが、兄弟愛をもって街を立てようとこの名前をつけました。

 3つ目が「アガペー」という愛です。これは訳すならば神の愛。または、無条件の愛となります。イエス様は十字架上でこう叫ばれました。

“父よ、かれらをおゆるしください。
かれらは何をしているのか、わからずにしているのです。”
                       (ルカ福音書23章34節)

[PR]
by carbondalle1996 | 2013-06-14 06:02 | 日記 | Comments(0)
<< 93歳の救い ツーショット >>