ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

シナイ山を仰ぎ見て

f0229700_21251839.jpg


80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんは、幼少期は病弱で劣等生、幼稚園は中退、小学校4年生から5年生時には結核で肋膜炎を患い長期入院のため一年の半分近くは学校に通えず、旧制中学の入試に失敗し小学生浪人。大学卒業後にスキー連盟とトラブルとなりアマチュアスキー界より永久追放。北海道知事選挙、参議院選挙と立候補するも落選。たくさんの失敗を自身のパワーに変えて、最高峰の山を制覇したように思う。

聖書にも80歳で登頂に成功した人物がいる。聖書中唯一神様が顔と顔を会わせて話をしたというモーセ。モーセが登ったのはシナイ山ですが、モーセはそこで十戒を神様から授けられました。モーセの人生は3つに大きく分けられます。最初の40年はエジプトの王子として、当時の最高学問と帝王学を学びました。そして自分の力でイスラエルの民を開放しようとして挫折。次の40年は羊飼いとして、荒野で忍耐と試練を学びました。

モーセの最も活躍した時代は最後の40年だと思う。神様の忠実な僕としてイスラエルの民をエジプトから解放し、エジプト脱出劇をしました。そこには自分の力に頼っていた昔のモーセはなく、ただ神様の声に忠実に従う僕の姿がありました。モーセは80歳からの120歳までの40年間を荒野で生活した。そこでレビ記、民数記、申命記が書かれ、イスラエルの民は礼拝の規定や613の律法を与えられた。リーダーとしてモーセの姿がそこにあrました。

三浦雄一郎さんやモーセの失敗を見ると、私たちの失敗などまだまだ序の口かもしれない。失敗を通して私たちはへりくだり、神様への従順を学ぶのかもしれない。そしてはるか遠くに見える巨人という名の山を征服するために、一歩、また一歩と足を前に進めるのかもしれない。いつかその日が来ることを思い描いて。

“神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。
 神よ。あなたは、それをさげすまれません。”(詩篇51:17)
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-06-19 20:24 | 日記 | Comments(0)
<< 朝祷会 神様の宝物 >>