ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

クッキーどろぼう

f0229700_6213364.jpg



 女性が一人夜の空港で待っていた。飛行機が出るまであと数時間。女性は空港の売店で本をあさり、クッキーをひと袋買って、腰をおろした。夢中になって本を読んでいるうちに、ふと気づけば横にいる男が、こともあろうに、二人の間に置いた袋から、クッキーをつまんでいる。女性は騒ぎを起すのが嫌だったから、知らんぷりを決め込んだ。 女性は本を読み、クッキーをかじり、時計をみていたが、呆れたクッキーどろぼうは、クッキーをどんどん食い荒らしてくれる。 刻々と時間がたつにつれ、女のいらいらはつのるばかり…。

「私がこんないい人でなきゃ、ぶんなぐってやるわ。」

 女性がクッキーを一つとれば、男もまた一つ取る。最後の一つが残ったけど、この男はいったいどうする気だろう? 男は、頬をゆるめ、わざとらしく笑うと、 最後のクッキーを手に取り、二つに割った。 その一つを女に差し出し、残りを男は食べた。女性は男からクッキーのかけらをひったくると、内心思った。
「ああ、なんてやつ。この厚かましき、この恥知らず、 一言のお礼も言わないなんて!」

 こんなに腹が立ったのは、生まれて初めてだわ。出発便が呼ばれたときには、ほっと安堵のため息が出る始末。荷物をまとめて、ゲートに向かい、「恩知らずのどろぼう」には目もくれずに立ち去った。 女は飛行機に乗り、座席に身を沈め、 やおら本を捜した、あともう少しで読み終わるわ。 荷物をまさぐった女は、驚いて息をのんだ。 なんと、自分が買ったクッキーがある!   

「私のクッキーがここにあるなら…」 うちのめされて彼女はうめいた。
「あれはあの人のだった、それを私に分けてくれた…」 謝ろうにも手遅れだと、女性は悲しみに身もだえた。 自分こそ、恥知らずの、恩知らずの、どろぼうだった。

 私たち人間の大きな欠点の一つは、自分の姿が見えないこと。よく私は人からこんな質問を受けます。「あんな人でもキリスト教では天国へ行けるのですか」。「あんな人でも」という言葉の裏には、自分はあんな人よりもまともな人間だ。私は天国へ行けるが、あの人はあんな悪いことをしたから地獄へ行って当然だ。このように人は自分の姿が見えない者です。もし、そのように質問を受けたらこう答えたらどうでしょうか。「そうです。罪を悔い改めてイエス様を信じるならば、どんな人でも天国へ入れます。ところであなたは天国に入れると思いますか?」
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-07-02 06:25 | 日記 | Comments(0)
<< 99.999% 鳴かぬなら・・・ >>