ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

愛を求めて

f0229700_5433198.jpg


神を愛してその戒めを行えば、それによってわたしたちは、神の子たちを愛していることを知るのである。神を愛するとは、すなわち、その戒めを守ることである。そして、その戒めは難しいものではない。       (Ⅰヨハネ5:3~4)

 ヨハネは老年まで生き残った最後の使徒です。そのヨハネが人生の最後を迎えるに至って、教会に送った言葉がこの「互いに愛し合う」という戒めです。聖書は言います。いつまでも残るものは、信仰と希望と愛であり、最も大いなるものは愛である。愛を追い求めなさいと。

 私が尊敬する久遠キリスト教会の丹羽先生も最後の説教で同じ事をおっしゃられました。先生は1978年に天に召されましたが、晩年は癌のために入院し教会は無牧となりました。久遠教会は聖霊の働きにより、異言や癒しの奇跡がたくさん起こる教会となりました。人々はたくさん救われ、日本中のキリスト教会から注目される教会となりました。しかし、その教会の牧師である丹羽先生が病身の身体で講壇に立ち、最後のメッセージをしました。それは「愛を求めなさい」というメッセージだったそうです。
 先生は神様からすばらしい恵みを頂き、異言や預言、癒しの奇跡も起こった。教会も成長した。その結果、そうした奇跡を追い求める方向に走ってしまった。先生は会衆に向かって、「しかし、もしもう一度教会を建て挙げることができるなら、私は愛を追い求める教会を作りたい。みなさんどうぞ、愛を追い求めてください。」

 人は自分と同じグループに属する仲間を愛することは簡単ですが、自分と全く価値観が合わない人を愛することは困難です。しかし、神様を知ると一つの真理が開かれます。それは、神様が私の罪を赦してくださったように、あの人の罪も赦しておられること。神様が私を愛してくださっているように、あの人も愛しておられること。この真理を知るときに、私たちは隣人を赦そうとします。そして愛そうと努力します。そこから先は聖霊様が働いてくださいます。大切なことは隣人を赦し、愛する努力をすること。すると必ず聖霊様が働いてくださいます。そして神様は私たちの心に愛と赦しを与えてくださいます。愛を求めましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-07-16 05:52 | 日記 | Comments(0)
<< Southern Illino... 何処で間違えたのか >>