ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

罪の中で死んでいた者が

f0229700_5371322.jpg


さてあなたがたは、先には自分の罪過と罪とによって死んでいた者であって、かつてはそれらの中で、この世のならわしに従い、空中の権をもつ君、すなわち、不従順の子らの中に今も働いている霊に従って、歩いていたのである。また、わたしたちもみな、かつては彼らの中にいて、肉の欲に従って日を過ごし、肉とその思いとの欲するままを行い、ほかの人々と同じく、生れながらの怒りの子であった。       (エペソ2:1~3)

 罪によって死んでいたとはどういう意味でしょうか。ルカ15章に放蕩息子のお話があります。「ある人に息子がいました。息子は父親に言いました。『父よ、あなたの財産のうちでわたしが頂く分をください。』そこで父は財産を息子に分けてあげました。息子は自分のものを全部取りまとめて遠い国へ行き、財産を使い尽くし、放蕩の限りを尽くしました。その結果、自分が食べるにも窮してしまい、豚の世話をする仕事に就きました。息子は豚の食べるいなご豆でお腹を満たしたいと思うほどでしたが、何も食べ物がありませんでした。
 そのとき息子は本心に立ち返って、父のもとへ帰ろうと心しました。そして父にこう言おう。『父よ、私は天に対してもあなたに向かっても罪を犯しました。もうあなたの息子と呼ばれる資格はありません。』しかし、父は息子に走り寄り、その首を抱いてこう言いました。『さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、はきものを足にはかせなさい。また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから』。
 
 この放蕩息子のお話の中でイエス様は、息子が神様に背を向けて歩んでいた人生を「死んでいた」と表現しました。そして息子が本心に立ち返って父の下に帰ってきたことを「生き返った」と言いました。つまりここで言う「死ぬ」「生きる」とは、肉体の生死ではなく、目に見えない霊の生死なのです。これがパウロの言う「罪に死んでいた者であった」という意味です。

 罪とは何でしょうか。それはこの放蕩息子のように、創造主なる神様を神として信じないで、神以外のものを神として歩む生活。これは霊的な罪を犯しています。聖書は十戒の中で厳しく、「神以外のものを神としてはならない」と戒めています。パウロはこのエペソ人への手紙を通して、私たちすべての者がかつては罪人であったと言っています。当然、今も罪人でありますが、今はキリストにあって罪赦された者、キリストにあって義とされた者です。これはなんとすばらしい恵みでしょうか。キリストを信じ、罪赦された者として、私たちは今日も神様に感謝して歩みましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-07-31 05:49 | 日記 | Comments(0)
<< 救いの法則 Blind but now I... >>