ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

聖霊を悲しませてはいけない

f0229700_665792.jpg


悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。必要があれば、人の徳を高めるのに役立つような言葉を語って、聞いている者の益になるようにしなさい。神の聖霊を悲しませてはいけない。あなたがたは、あがないの日のために、聖霊の証印を受けたのである。(エペソ4:29)


 パウロは聖霊を悲しませてはいけないと言っています。聖霊様は人格をもったお方です。私たちが悪い言葉を語るとき、それは聖霊様を悲しませる行為となるのです。ある新聞で、セレブと呼ばれる人々のパーティーのルールについての記事を読みました。それは他人の噂話や悪口を言ってはいけないというものです。もしこのルールを破ってしまうと、二度とセレブの人々が集うパーティーに招待されないのだそうです。また誰かがそういったゴシップ話を始めると、その場から人々は去ってしまうそうです。

 悪い言葉を口から出すと相手に嫌な気持ちを与えるだけではなく、自分もその言葉を耳から聞き、それは自分の心に入ってきます。自分の心が自分の言葉によって害を受けます。そして人は口で告白したとおりになりますから、あなたが語った言葉のとおり自分の身に悪い実を結んでしまいます。ですからいつも肯定的な言葉。積極的な言葉。信仰的な言葉を口から出しましょう。すると聞いている人の益になるだけではなく、その言葉を聴く自分自身も益となり、そして告白したとおり肯定的な出来事、信仰的な出来事が私たちの身に起こるからです。聖霊様が喜ぶような言葉を使うならば、聖霊様が私たちを通して自由に働いてくださいます。今日も聖霊様が喜ばれる言葉を選び、用いましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-08-16 06:14 | 日記 | Comments(0)
<< 互いに赦し合いなさい 翌日に持ち越してはならない >>