ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

互いに赦し合いなさい

f0229700_17334935.jpg



すべての無慈悲、憤り、怒り、騒ぎ、そしり、また、いっさいの悪意を捨て去りなさい。互に情深く、あわれみ深い者となり、神がキリストにあってあなたがたをゆるして下さったように、あなたがたも互にゆるし合いなさい。(エペソ4:31) 

 私たちが心に悪い思いを持ち続けると、サタンはそこを足場として進入してきます。ですから私たちは翌日まで怒りを持ち越してはいけません。それでも怒りを持続し、悪意を持ち続けているとするならば、ただちにそうした悪意を棄て去ることです。悪意を捨てる唯一の方法は、相手を赦すことです。どうして私たちは自分を傷つけた相手を赦せるでしょうか。イエス様がまず私たちを赦してくださったから、私たちは相手を赦すのです。間違えてはいけません。私たちは赦したからその功績によって神様に罪赦されたのではありません。私たちがまず赦されたのです。ですから私たちは相手を赦すのです。

 弟子たちはイエス様に言いました。7度まで赦せば良いですか。イエス様の答えは、「7度を70倍するまで赦しなさい」でした。その意味は、無限に赦し続けなさいというものです。そうはいってもなかなか赦せないのが私たちの感情です。しかし、赦しを口で告白することはできます。赦せないときは、「私はあの人を赦します」と口で告白しましょう。私たちの告白は神様が聞いてくださり、聖霊様が働いて私たちの心にあった憎しみや怒りは取り去られ、その人を赦す心が与えられます。こうして私たちは自分たちの心をサタンの支配から守るのです。

 赦せない思いに捕らわれているとあなたが神の赦しを失います。あなたが赦しのない種を蒔くと、嘆きの収穫を刈り取ります。他者を赦すなら、聖霊はあなたを解放します。サタンは「赦さない思い」を住みかとします。心から悔い改めて人を赦すと、あなたの中にある地獄の要塞は打ち壊されます。赦さない者にならないで、赦す者となりましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-08-17 11:33 | 日記 | Comments(0)
<< ゴーヤができました! 聖霊を悲しませてはいけない >>