ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

むしろ感謝を捧げなさい。

f0229700_9484724.jpg


また、卑しい言葉と愚かな話やみだらな冗談を避けなさい。これらは、よろしくない事である。それよりは、むしろ感謝をささげなさい。(エペソ5:4)

 パウロは卑しい言葉と愚かな話やみだらな冗談を避けなさいと戒めました。私たちが自分の口から汚れた言葉を出すことを禁じたとしても、私たちがそういった会話の中に身を置いてしまう場合があります。パウロはそのような会話の中に身を置くことを避けなさいと命じていますから、その場から離れることが重要です。もっと言えば逃げ出すこと。そこに身を置けば悪い言葉を聞いてしまいます。誰かの悪口、陰口、うわさ話。聞いて「嬉しい」「幸せ」と感じる人は誰もいません。「嫌な気持ち」が残るだけです。私たちは神様の作品ですから、良い行いをするように作られています。悪い行いをするようには作られていません。パウロはそうした会話をする人々と戦いなさいとは言っていません。その場から避けて離れること。こうして私たちは自分で自分の心を守ります。

 聖書は「むしろ感謝を捧げなさい」とあります。ゴシップなどを話している仲間の中で、「私はあの人のこんな良い面を知っています。すばらしいです。感謝しています。」と言ってみてはいかがでしょうか。あなたの言葉を聞いた仲間はきっとこう思うでしょう。「恥ずかしい。もう二度とゴシップはやめよう。」人は他人の欠点を見てしまいがちです。しかし、それよりも相手の長所を発見し、それを感謝する体質を持ちましょう。するとあなたのまわりもきっと変わります。今日も聖霊様が喜ばれることばを用いましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-08-22 09:57 | 日記 | Comments(0)
<< 主のみこころを第一とする ならぬものはならぬ >>