ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

主のみこころを第一とする

f0229700_626064.jpg


あなたがたは、よく知っておかねばならない。すべて不品行な者、汚れたことをする者、貪欲な者、すなわち、偶像を礼拝する者は、キリストと神との国をつぐことができない。(エペソ5:5)

 「不品行」や「汚れた」言葉を口にしてはいけないと聖書はおしえています。なぜならば、口から出すことによってそうした罪を行為によって犯す方向へ誘われてしまう恐れがあるからです。パウロはこうした性的不品行を行い、汚れた行為をするならば、そうした人々は偶像礼拝者だと断じています。それはどのような偶像でしょうか。それは自分の欲望を主とする偶像礼拝者という意味です。神様を第一とせず、自分の欲望を満足することを第一とします。聖書はこのような人は神の国に入ることはできないとあります。あなたの心は神様を喜ばせることを第一としていますか。それとも自分自身を喜ばせることを第一としていますか。神様を第一としているならば、あなたは神の国を継ぐことができます。今日も主の喜ばれることが何であるかを認め、主の喜ばれることを選び取って歩みましょう。栄光在主
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-08-23 06:33 | 日記 | Comments(0)
<< 光の子らしく歩みなさい むしろ感謝を捧げなさい。 >>