ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

祈りの生活

f0229700_7591737.jpg




 最後にパウロは祈り続けなさいと勧めています。11節から17節までにおいてパウロは悪の霊との戦いのために神の武具を身につけなさいと書きました。これは霊の戦いの比喩であり、これを実際の生活の中で実行するならば、それは「祈り」の生活だということです。ですから10節の御言葉を読みますと。

最後に言う。主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。(エペソ6:10) 

 強くなるためにどうすれば良いのかとういう答えとして18節となります。

絶えず祈と願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、そのために目をさましてうむことがなく、すべての聖徒のために祈りつづけなさい。(エペソ6:18)


 それは絶えず祈り続けるという生活。祈りの生活の中で私たちは、真理の帯、正義の胸当、福音の備えを履き、信仰の盾を取り、救いのかぶとを身につけることができるのです。祈りの生活の中で私たちは日々、真理の帯を締め、正義の胸当てをつけ、平和の福音の備えを足に履き、信仰の大盾をもち、救いの兜をかぶり、みことばの剣をもつのです。こうして私たちは祈りの生活を通して悪霊との霊の戦いの備えをします。祈り以外に備えはありません。日々祈り、神の武具を身につけ戦いの備えをしましょう。栄光在主。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-08-31 08:21 | 日記 | Comments(0)
<< 今日は男性が多いです! みことばの剣 >>