ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

歴史の脚本家

f0229700_422321.jpg



 先週26日は東北楽天イーグルスがパ・リーグ初優勝をしました。特に西武との試合では一打出れば逆転という場面で、田中投手が二者連続三振で後続を抑え、初の胴上げ投手となったシーンに感動しました。球団創設の2005年は97敗を喫し最下位、1位とのゲーム差51.5は天文学的数字で連日新聞に寄せ集め集団と揶揄された。あれから9年が経ち、2位に大差をつけてのパ・リーグ制覇。もう誰も楽天を揶揄する者はいません。

 野球は筋書きの無いドラマと言いますが、今年は神様が被災した東北の人々に向かって「あきらめるな!」という筋書きのドラマを見せているようです。岩手県はNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」人気により、舞台となった久慈市を訪れる観光客は前年の23倍となり、まさに「じぇじぇじぇ」である。また大河ドラマ「八重の桜」の効果で、地元福島県も多くの観光客が訪れているという。そして宮城県では東北楽天イーグルスのパ・リーグ優勝。それぞれのドラマに込められた作者のメッセージは、まさに「絶対にあきらめない、前に進もう!」ではないでしょうか。

 2年半前に震災後の最初のゲームで「見せましょう。野球の底力を」と語った嶋選手の言葉が思い出されました。星野監督は優勝インタヴューでこう答えました。「監督に就任した当時、いきなり大震災があったが、前を向くしかないと考えた。少しでも東北の被災者の皆さんに強さを見せて、心を和らげてあげようと思いやってきた。これからも東北の皆さんと一緒に戦い歩んでいきたい」。星野監督の心にも、選手たちの心にも、「がんばろう東北」という気持がいつもあったと思います。

 あるとき「神様がいるなら、どうしてこんな不幸が起こるのか」という質問に対して、ビリー・グラハム先生はハンカチを裏返してこう答えました。「裏から針をさして刺繍を作るが、いったい何の模様かわからない。しかし、表を返して見ればすばらしい花の模様ができている。今起きていることも私たちにはそれが見えない。しかし、反対側には神様のすばらしい花が描かれています。これは目には見えない世界ですが、信じることによって、私たちはこの神様の世界を見ることができるのです。」

“主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。” (エレミヤ29:11)

 どんなマイナスも必ずプラスになります。主のご計画は最善です。主のみをみつめ歩み、今日も進みましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-09-30 04:22 | 日記 | Comments(0)
<< 感謝を捧げる相手 今日は教会員ミーティング >>