ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

心の貧しさとは


f0229700_6362816.jpg


横浜カルバリーチャペルの武井先生が、このようなお話をしておりました。武井先生がNHKのディレクター時代に、一人の部下がいたそうです。その人は皆と交わることも少なく、しかも時々長期に入院をして欠勤が続くのです。その人がある時、武井先生とお話したいと言うので、二人で話したそうです。

 武井先生は言いました。『あなたは、体が特別悪い訳でもなく、キャリアも最高の東大出ではないですか。それなのに、どうして長期に休んだり、いつも浮かない顔をして、一人でぽつんとしてるのですか?』。すると、彼は言いました。『東大出であることが、劣等感のもとなのです。』『ジェジェ』、とは言いませんでしたけれども、意表をつく答えでした。彼は、ポツリポツリと、続けました.『僕は、東大出だから劣等感に悩まされているんです。』『そらまた、どうして?』『東大出なのに、いい仕事が出来てないからです。だからかえって、東大出であることが、重荷なんです。』
 
 武井先生はこうまとめています。『心の貧しさ』は、その人個人の問題なのです。それぞれに、『貧しさ』を持っているのです。そうしたら、イエス様の所に来てください。イエス様があなたの心の貧しさを充たしてくださります。イエス様はこう言います。「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。」自分の心が何をもってしても満たされないと認める人はさいわいです。イエス様がその人の心に入り、その心を満たし、その人は神の子となり、天国の住人となるからです。

 今日、あなたが心に空しさや貧しさを覚えるならば、それを充たすものは趣味でも仕事でもお金でもありません。あなたの心を創られたイエス様だけがあなたの空しさを埋めることができます。空しいと認めるなら、貧しいと感じるならば、その心をもってイエス様の前に歩み出て告白しましょう。イエス様はあなたの心を喜びと平安で充たしてくださいます。ハレルヤ!
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-10-09 06:35 | 日記 | Comments(0)
<< 山浦ドクター 人はパンのみで生きるにあらず >>