ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

Image of God


f0229700_6592216.jpg



神様は「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り」と言われました。他の聖書訳では「神に似せて」と訳されており、英語ではImage of God とあります。神様のイメージに、神様に似せて人は創造されました。神様に似るとは姿・形という外側だけではありません。これは神様がもっている性質に似せて人は創造されたという意味も含まれています。それでは神様の性質とは何でしょうか。神様の性質は大きく3つのことばで代表されます。それは愛と義と聖という言葉です。

 神様の本質は愛です。ですから私たちの心にも愛という性質があります。それは愛を求めるという思いであり、愛を与えたいという思いです。大川先生は、「人は愛されることによって平安を得て、愛することによって満足する」と言っています。人間の心の成長にとって、愛はなくてはならぬものです。人は愛されることによって平安を得ると言いますから、愛されないと平安が無いのです。人が最初に愛されると感じるのは誰でしょうか。それは両親ですね。お父さんとお母さんから愛されて育ったというしっかりと認識する人は、とても幸せだと思います。

 私がアメリカにいたときに教会に一人の婦人が来ていました。彼女は二人の子供がいましたが、ご主人が子供を可愛がらなくて困っていました。どうしてご主人は子供たちを可愛がらないのですかと聞くと、彼は父親から愛された経験が無いから自分が父親となってみて、子供たちにどのように接してよいかわからないのだそうです。私はその話を聞いてびっくりしました。子供を愛しているならそのように接すれば良いではないかと思いました。しかし、それは私が、父親が私を愛してくれたというイメージがあるから言えることなのだとわかりました。彼にはそのイメージが無いからわからないのだと初めて理解しました。親から愛されるという経験は、実は子供にとってとても大きな人間教育なのだとそのとき知りました。

 神様の本質は愛です。そして神に似せて創られた私たちの本質も愛です。愛なくして私たちは生きられません。愛を求め、愛を与えたいと思うのはそのためです。神様の愛を受け止めて、神様から愛されている自分に気づいたら、この愛を他者へ与える者とならせていただきましょう。ハレルヤ!
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-10-24 06:59 | 日記 | Comments(0)
<< 幸せについての研究結果 ご自身に似せての意味 >>