ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

魂のいのち

f0229700_749352.jpg


 創世記2章に「神は命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった」とあります。息と訳されている言葉は霊という意味も持ちます。そして生きた者と訳されている言葉は「ネフェシュ」というヘブル語で魂という意味です。ですから神様がその鼻に命の霊を吹き入れたときに、人は生きた魂となったというのが直訳です。人とは何ものなのかと問われたら、土のちりで造られた価値無き存在でありますが、そのような価値無き者に神様が命の息を吹きかけられ、生かされている尊い存在であると言えます。身体は見えますが、魂は見えません。しかし、はっきりとそれがあると聖書は書かれています。

 聖書は目に見える体も目に見えない魂もどちら大切だと教えています。これが聖書の第一の原則です。しかし、体と魂とどちらがより大切かといえばそれは魂であると教えています。これが第二の原則です。この創世記2章の記事はそれを表しています。マタイ福音書でイエス様は体と魂の命についてこう語っています。

“また、からだを殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、からだも魂も地獄で滅ぼす力のあるかたを恐れなさい。”(マタイ10:28)

 人は体を殺すことはできます。当時のローマ帝国はクリスチャンを迫害し、大勢のキリスト者を死刑としました。しかし、イエス様はそれよりも魂を殺す権威のあるお方を畏れなさいと教えています。「からだも魂も地獄で滅ぼす力のあるかた」とは神様です。人には目に見えない魂を滅ぼすことはできません。しかし、神様にはその権威があります。イエス様はこの記事の中で、からだの命よりも魂の命の方がより大切であると教えておられるのです。あなたは死んだ後に天国へ行く確信はありますか?体はいつか滅びます。しかし、あなたの中にある魂は何処へ行くのでしょうか。魂は天国へ行き、永遠の命に預かります。そのためにイエス・キリストは私たちのために十字架に架かられたのです。イエス様を信じて、あなたも永遠の命をもちましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-10-31 07:55 | 日記 | Comments(0)
<< 恵みを数える 陶器師がその作品を作るように >>