ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

ハイ!ここにいます!

f0229700_614339.jpg


 主なる神は人に呼びかけて言われた、「あなたはどこにいるのか。」(創世記3章9節)

 小学校で初めて先生に名前を呼ばれたとき大きな声で「はい」と手を上げた記憶を誰もがあるお思います。私は1年1組で出席簿の順番は3番目。担任の先生から「こにしくん」と初めて呼ばれたときには、とても名誉なことのように大きな声で「ハイ」と返事をして、手を高く挙げたことを思い出します。ところが中学、高校と進むにつれて手をあげずに、声も「はい」から「はーい」だったり、「ウィース」と変わっていきます。私の記憶でおもしろかったのは中学生時代です。当時ツッパリと呼ばれていたヤンキーが名前を呼ばれて、「はい」と答えずに「ここにいるよ!」とこたえていました。反抗期の中学生を相手にする先生方は大変だったと思います。

 私がアメリカへ留学したときに、大学の語学スクールで先生が出欠をとりました。英語で名前を呼ばれたときに、それまで私は「Yes」と答えると思っていました。英語のYESは日本語で「はい」と訳すからです。ところが実際には、英語では「Here」と答えいる姿にびっくりしました。もう少し格調高く言うと、「I am present」ですが、ほとんどの学生は「Here」と答えていました。つまり「ここにおります」という意味です。

 サムエルが神様から「サムエル、サムエル」と名前を呼ばれたとき、「僕聴きます。主よ、お語りください」と答えましたが、そこには「はい。私はここにおります」という意味が含まれているのではないかと思います。またイザヤが神様の幻を見たときに、「わたしがここにおります。わたしをお遣わしください」と答えました。このように神様から、「あなたはどこにいますか」と聞かれたら、迷わずこう答えたいですね。「はい、私はここにおります。主よ、お語りください」と。今日もサムエルの耳を持ち、神様の声を聴く者となりましょう。神様はあなたの名前を呼んでおられます。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-11-20 06:27 | 日記 | Comments(0)
<< 白い衣を買いなさい あなたはどこにいるのか >>