ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

マシュマロテスト

f0229700_702751.jpg



スタンフォード大学がマシュマロテストという実験結果を発表しました。マシュマロテストとは、4歳児の子供に一人ずつマシュマロをプレゼントします。先生は子供たちに「食べても良いけど、先生が帰ってくるまで待てた子供には、ご褒美にマシュマロを2つあげます」と言って部屋を出ます。子供たちの反応は多様です。ある子供は先生がドアから出た途端にマシュマロを口に入れ、ある子供はマシュマロの前で腕組みをしてマシュマロをにらみつけて我慢します。またある子供は、マシュマロを自分の視線から外そうとテーブルに背を向けて遊び出します。

 マシュマロテストはこうした子供たちが、その後どのような人生を歩むのかを20年追跡調査しました。その結果先生の言うことを聞いて我慢できた子供の多くは、ストレスやプレッシャーに上手に対処し、社会的に貢献できる職業に就き、良い夫また妻となるケースが多く見られました。我慢できなかった子供の多くは、衝動的で忍耐力に欠け、優柔不断で物事を簡単にあきらめることが多く、すぐに憤り、非行に走るケースが多いという結果が表れました。

 もちろん、マシュマロテストが全ての子供の姿を証明しているわけではありません。しかしマシュマロテストから私たちが学ぶべき点があります。私はこのテストが4歳児だけではなく、24歳の青年にも、44歳の婦人にも、そして64歳の壮年にもあてはまるテストだと思います。神様は私たちに試練を通して忍耐を学ばせ、忍耐から希望を生み出し、そして信仰の成長を促します。試練の中で神様により頼み、忍耐し続け、約束の時を待つことができるか。神様の約束を待つことができた者に、神様は祝福を与えてくださるのです。神様の約束を待ち望み、祝福に預かる者となりましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-11-23 07:03 | 日記 | Comments(0)
<< 収穫感謝礼拝 ごめんなさいと言えますか? >>