ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

お言葉どおり

f0229700_6291018.jpg


”神には、なんでもできないことはありません。そこでマリヤが言った、「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」。そして御使は彼女から離れて行った。”(ルカ1章37~38節)

 大和教会の礼拝で前田先生の証を聞いて、私の信仰は益々強められました。精神分裂病、現在は統合失調症と呼ばれる女性を妻として迎え、病状が悪化すると夜通し夫婦喧嘩を繰り返した。そのような時に教会に誘われて夫婦で礼拝に出席するようになり、ご主人がイエス様を信じて救われました。あるとき賛美の奉仕をして席に戻ったときに、妻から「ぶっ殺してやる」と言われて殴りかかられたということ。前田先生は、人前で恥ずかしさと、「イエス様を信じたのになんでこうなるんだ」という思ったそうです。

 しかし、そのような最悪の状態の中で、牧師先生が二人のために祈ってくださり、「あなたは選びの器です。教会に留まり、あなたの賜物を用い続けなさい。わたしはあなたの病気を癒します」という御言葉を頂いたということ。そのときから奥様の統合失調症が癒され始め、アルコール中毒だったお父さんも救われ、子供を持たないほうがよいと言われた体で6人の子供が与えられたということ。そして長男は結婚して孫が3人与えられ、子供たちと一緒になって讃美チームが作られていること。神様は精神病だったこの夫婦を伝道者として用いられ、家族みんなで教会に仕えています。

 こうした証を聞くと「神には、なんでもできないことはない」という御言葉は本当だと思います。前田先生が言っておられました。讃美が終わって妻から「殺してやる」といわれて殴りかかられたという最悪の状態の向こうでは、神様が完全なる癒しという最高のプレゼントを準備していたこと。祝福を受ける秘訣は何かというと、あきらめないで神様に求め続けること。ですから求め続けたいと思います。

 サタンの言葉は私たちを地獄へと引きずり降ろします。しかし、聖書の御言葉は私たちの霊を天国へと引き上げます。私はそのとおりだと思いました。私たちは何か問題が起こりもうダメだと感じることがあるかと思います。そのようなときサタンは私たちの心にささやいてきます。「そんなのは無理に決まっている。もうあきらめた方がいい。努力しても報われない。」そのようなサタンの言葉に従ってしまうと、私たちの魂は力を失うだけではなく、大きな失敗を経験します。しかし、聖書の御言葉に従うならどうでしょうか。私たちの霊は引き上げられ、必ず成功を見るのだと思います。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-12-13 06:33 | 日記 | Comments(0)
<< 土曜スクール・クリスマス会 神には、なんでもできないことは... >>