ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

真実と和解委員会

f0229700_6514659.jpg


マンデラ大統領は、南アフリカの新しい建国の第一歩として驚くべき政策を発表しました。それは「真実と和解委員会」です。そしてカトリック教会の司教で、ノーベル平和賞受賞者のデズモンド・ツツ主教を、「真実と和解委員会」の委員長に指名したのです。普通は、今まで抑圧してきた者たちに報復する。厳罰を加える。それがよく行われる勝者が敗者を扱う手法です。マンデラは、そんな『復讐劇』を何とか和らげたいとその方法を模索した結果、この政策を採用したのです

 その政府委員会のルールは簡単でした。白人警官や軍の仕官が自発的に、自分を告発する者に面と向かい、自らが犯した罪を告白するのです。それで、完全に罪を認めた者は、裁判にかけられることもなく、その犯罪で罰せられることもないというルールです。強硬論者たちは、このやり方に文句を言いました。しかし、マンデラ大統領は主張しました。「この国は、【正義】よりも【癒し】を必要としているのだ」と。それから2年半にわたって、南アフリカ人は、この「真実と和解委員会」の聴聞で明らかにされる残虐行為の真相を知らされていくのです。

 ある聴聞会に、バンデ・ブロイクという警官が出席しました。彼は、他の警官たちと一緒に起こした事件について詳しく告白しました。彼らは18歳の少年を銃で撃ち、その遺体を燃やしたのです。証拠を消すために、少年の遺体をバーベキューの肉のように炎の上で転がしたというのです。更に、その8年後、バンデ・ブロイクは、その少年の家に戻り、今度は少年の父親を捕まえました。バンデ・ブロイクは、少年の父親を材木の山に載せて、その上にガソリンをかけました。それに火を放つ瞬間を、何と、その妻に無理矢理に見せたのです!とんでもない暴挙ですね。

 真実と和解委員会には、そのバンデ・ブロイク警官と、長男と夫を失った老婦人が呼ばれていました。そして、その老婦人に発言の機会が与えられました。すると、法廷はシーンと静まり返りました。判事が夫人に尋ねました。『バンデ・ブロイク被告にどうしてもらいたいですか?』 すると、老婦人は、こう答えました。『私は、バンデ・ブロイクさんに、夫の体を焼いた場所へ行って灰を集めていただきたいです。そうすれば、夫をきちんと埋葬してやることが出来ますから。』

 バンデ・ブロイク警官は頭を垂れて、うなずきました。それから彼女は、こうつけ加えました。『私はバンデ・ブロイクさんに、家族全員を奪われました。でも、私にはまだ愛がたくさん残っています。彼には、月に2回、私の住んでいるゲットーに来て、私と一日を過ごしてもらいたいのです。そうすれば、私は、ブロイクさんの母親のようになれますから。そして、バンデ・ブロイクさんが神に赦されていること、そして私も彼を赦していることを知ってほしいのです。ブロイクさんを抱き締めていいでしょうか。そうすれば、私の赦しが本物だということがわかるでしょうから。』 

 この老婦人が法廷の証人台に向かって歩き始めると、誰かが『アメイジング・グレイス』を歌い始めました。愛は赦すこと。私たちの神様は私たちの罪を赦すために御子イエス・キリストをこの地上に遣わし、私たちの罪の身代わりに十字架に架けられました。誰でもイエス・キリストを罪からの救い主と信じるならば、罪赦され神の子とされるのです。あなたもイエス・キリストを救い主として信じませんか。神は愛なり。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-12-28 07:00 | 日記 | Comments(0)
<< キリスト者として もし私が今もそう思っているなら... >>