ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

憩いのみぎわへ

f0229700_6172520.jpg


主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。(詩篇23:2)

 羊は目が弱く、前の羊に着いて行くという習性があります。また自分で牧草地や水のみ場を探して行くことができません。そのまま放っておくと、羊たちは自分で牧草地や水のみ場を探すことができずに飢えて死んでしまう動物です。

 また羊には帰巣本能(キソウホンノウ)がありませんので、何処かで迷ったとしても家に帰ることができません。例えば、犬やネコでしたら帰巣本能がありますから、隣町ではぐれても家に着くことができます。イザヤ書には「牛はその飼い主を、ロバはその飼い葉おけを知っている」とありますが、このように動物には帰巣本能がありますが、羊にはこの大切な本能が無いのです。ですからイエス様は言いました。良い羊飼いは囲いの中にいる99匹の羊を置いて、迷い出た一匹の羊を探して歩き、見つけるまで探し続けます。それは羊が迷ったら自分で家に帰ることができないからです。

 ダビデはこの詩篇23篇で自分もまたこのような弱く愚かな羊と同じであると告白しています。群れから迷い出たならば、戻ることができない愚かな迷える羊。しかし、そのような愚かな羊にもすばらしい羊飼いがおられる。主という最高の羊飼いは、私が迷い出たならば、何処までも探し出して見つけて、そして連れ戻してくださるお方。ゆえに私はこの羊飼いにまったき信頼を置いて歩むことができるのだと。あなたは誰に信頼を置いていますか。あなたの羊飼いである主に信頼して歩んでみてはいかがですか。主はあなたを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われます。
[PR]
by carbondalle1996 | 2013-12-31 06:16 | 日記 | Comments(0)
<< 正しい道へ導かれる 主はわたしの羊飼い >>