ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

自分の知識ではなく

f0229700_8231413.jpg



”たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。”(詩篇23:4)

 羊は自分の行きたい方向にしか動きません。羊飼いは羊にとって最も良い道を知っています。羊が強情に自分の行きたい方向に行こうとするとき、羊飼いはムチで羊の横腹を叩き、羊を群れに戻します。杖も同じように群れから迷い出る羊を引き戻す道具として使われます。時に私たちは道に迷い、自分の経験や知識に頼り間違った道に進んでしまうことがあります。そのような時に、神様はムチで私たちの横腹を叩くように問題を起し、杖で正しい道へ引き戻すように私たちの行く手を変えてくださいます。

 今月の朝祷会で秋田教会のN先生が献堂したときの証をしてくださいました。N先生は安くて、広い土地で、海が見えるところと祈ったところ良い土地が不動産屋さんから紹介されたそうです。祈った結果、これが神様からの祈りの応答だと思ってその土地を購入しようとした所、近所から苦情が来て教会が購入することができなくなってしまったそうです。どういうことだろうかと先生は信徒のみなさんと再び祈り始めたとき、今度は不動産屋さんではなく、信徒さんが自分の家の近所で安くて広い土地が売りに出ていると、おしえてくださったそうです。それが現在建っている場所だそうです。

 神様が導かれた地に教会を建てることができましたが、今度は銀行に借金を返すことができなくなったそうです。普段、N先生は「神様によりたのみなさい」とメッセージしているのに、借金を返せなくなると先生は神様に頼らずに親類にお金を貸してほしいとお願いしたそうです。しかし誰も貸してくれません。もう今月は銀行にお金を返せずに教会は指し押さえられると思ったとき、一人の婦人が教会に来られたそうです。その婦人は祈っていると神様からN先生にお金を貸してあげなさいと言われたと言って、ご主人が亡くなったその保険金の一部を先生に貸してくださったそうです。こうして無事に銀行にお金を返すことができ、またこの婦人にも後日お金を返すことができたそうです。N先生はこの経験を通して益々、人に頼るのではなく、自分の知識に頼るのでもなく、神様だけに頼ることが最善の道だと教えられたそうです。

 主はわたしの羊飼いであり、あなたの羊飼いでもあります。この羊飼いに全てを信頼し、ゆだね、歩む人生は祝福に満ち溢れています。あなたもこのお方に信頼して今年も歩みましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-01-02 08:30 | 日記 | Comments(0)
<< わたしの杯はあふれます 正しい道へ導かれる >>