ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

新しい人生

f0229700_1447919.jpg



カナダ人のポール・パワーズは、7歳のとき母親を亡くすと、父親から「男は泣くもん じゃない」と殴る蹴るの虐待を受け、入院した。「二度と泣かない」と誓ったポール は、母だけでなく、幼年時代も失ってしまう。彼は8歳で警察沙汰を起こすようになり 、近所の子どもたちと万引きし、集団強盗となり、ついには殺人事件にまで関わって しまう。真の神を知らない彼は、人間らしさを失っていた。それから少年院、刑務所 を転々とするが、十代の後半で釈放に向けて働くプログラムに従事したとき、老年の クリスチャン夫妻のところに下宿する。この期間にポールは、「青年をキリストへ」 の集会に参加し、憎しみに支配されていた自分がイエスによって赦されるという経験 をした。そのことを通して、赦す心も与えられ、父なる神様から愛されていることを 知る。彼の人生は修復されたのだ。

一方、1963年5月、小学校教師だったマーガレット は、落雷事故に遭い、体調不良が増して、仕事は辞めざるを得なくなった。翌年の 1964年、マーガレットはポールと出会い、結婚を決めた時に、二人で海辺を歩いてい るとあることに気づく。砂の上の自分たちの足跡が、帰り道には波に洗い流され、一 人の足跡しか残っていなかった。それを見たポールが言った。「二人の上に最も困難 な時がやってきたら、その時こそ、イエス様が僕たち二人を背負い、抱いてくださる 時なんだよ。僕たちが、主を信頼する限りね」と。ポールはマーガレットを抱きかか え、くるくると回った。このとき、マーガレットはある詩を書きあげる。それが、「 あしあと」(「Footprints」)であった。

 どんな人生もイエス・キリストに在ってやりなおすことができます。イエス・キリストの系図はそのことを証明しています。自分の罪を悔い改め、神様に方向を転換するばらば、その人の人生は新しく作られます。それがキリストに在って、新しい人になるということです。あなたもキリストを信じ、新しい人生を歩んでみませんか。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-01-11 14:50 | 日記 | Comments(0)
<< 祈りの力 神様の選び >>