ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

赦しを与えることにさらに大きな喜びがある。

f0229700_639410.jpg


 第二次大戦中にユダヤ人をかくまったとして、強制収用所に入れられた家族がいました。お父さんとお姉さんは収容所内で亡くなりましたが、一人だけ生きて収容所から帰ってきた女性がいました。その女性の名前をコーリー・テン・ブームと言います。彼女は戦後、自身の収容所での体験から神様の愛と赦しについてこう語っています。

 コーリーがある街で集会をもったとき、会衆の中に一人の女性が目に留まりました。彼女の顔を見てハッとしました。それは収容所時代に今にも死にそうな姉に残酷な仕打ちをした看護婦でした。彼女の顔を見たときに、コーリーの内側に憎しみの心が湧いてきました。自分には決してその看護婦を赦すことはできないと思ったそうです。しかしイエス様はコーリーにマタイ6章15節のみことばを与えました。
「しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。」

 その看護婦を赦さなければならないことはわかっていたけれど、コーリーにはそれができませんでした。しかし家に帰ってから、コーリーは神様にお祈りしました。「主よ、私があの人を赦すことができないのをあなたはご存知です。彼女の残忍さのゆえに姉はどんなに苦しんだことでしょう。主よ、赦さなくてはならないことはわかっています。でも、できないのです。」すると主はローマ書5章5節のみことばをコーリーに与えてくださいました。「私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。」コーリーはこのみ言葉を感謝して受け取りました。そして祈り終わったとき、今まであれほど憎んでいたその女性を赦すことができたのです。

 この経験をコーリーは友人に話しました。するとその友人は「私、その看護婦知っている」と言いました。そしてコーリーはその友人の紹介で、今まで憎んでいたその女性をその夜の集会に誘うことができました。その夜、集会が終わってから、コーリーはその女性に正直に自分の思いを伝えました。今まで彼女を憎んでいたこと。しかし、内におられる聖霊なる神様が、憎しみの代わりに神様の愛を注いでくださったこと。そして彼女を愛するようになったこと。このことは十字架で私たちの罪を背負ってくださったイエス・キリストによること。彼女を集会に誘うことができたのは、イエス様が罪を赦してくださっただけではなく、コーリーの心を神様の愛で満たしてくださったからだということ。

 最後にその女性はイエス・キリストを主と告白して、救い主として信じる者となりました。コーリー・テン・ブームはこう言っています。「それは奇跡です。以前は彼女を憎んでいた私を、神様は、彼女をイエス・キリストに導くものとして用いてくださいました。敵を愛する時ほど、神の愛の大海に触れることはない。赦しを受けることは喜びである。けれども、赦しを与えることにさらに大きな喜びがある。」
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-01-31 06:40 | 日記 | Comments(0)
<< 根拠はありますか? 日々自分に死ぬこと >>