ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

四十日の断食

f0229700_6263240.jpg


そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。(マタイ4章2節)

 イエス様が四十日四十夜断食されたのは、神様からの訓練を受けるためです。それはイエス様が王としての務めに入るために必要な訓練でした。四十日の断食によってイエス様は、すべての食物を放棄し、肉体の要求を忘れました。このことによってイエス様は、人は肉体の必要のためにあるのではなく、ただ霊的な必要だけを顧みると全世界に宣言できる状況に導かれました。

 神様は、イエス様がヨルダン川で洗礼を受けられたときに「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」と宣言されました。この宣言の直後、聖霊はイエス様を荒野へ導き、イエス様が顧みるのは肉体の命であるか、霊の命であるかを試みました。

 私たちが通過しなければならない最初のテストは、生活に関するテストです。私たちは物質の食物よりも、霊の食物を顧みなければなりません。私たちが生きるか死ぬかは第二義的です。私たちは霊が養われ、霊が神の御言葉、神ご自身にあずかることだけに注意します。信仰生活であなたは何を第一としていますか。聖書は言います。神の国と神の義とを第一としなさい。すると第二義的な必要は充たされるのです。主はあなたの必要を充たしてくださいます。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-02-04 06:33 | 日記 | Comments(0)
<< あなたが神の子なら・・・ せっかく洗礼を受けたのに? >>