ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

弱さの中に主は働かれる

f0229700_6292658.jpg


しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。(Ⅰコリント1章27節)

 神学校時代に私の隣りにHさんという50歳過ぎの男性がいました。この方は目が弱視で文字は顔をつけて見るという身体障害者でした。奥様は40歳過ぎの方で毎月、交代交代で夫婦で神学校に通っていました。この奥様が30歳のとき見合い結婚を勧められた相手がHさんでした。Hさんは40歳過ぎ。彼女はクリスチャンでしたから、こう言いました。「あなたがイエス様を信じてクリスチャンになるならば結婚してもいいです」と。Hさんは身体障害者で、いままで何度も見合い結婚しては断られていましたから、この女性と結婚できなかったら一生結婚できないと思ったそうです。それでクリスチャンになりますといって結婚しました。

 Hさんは市役所に勤める真面目なクリスチャンとなり、今度は夫婦で教会を持つというビジョンが与えられて献身しました。神学校を卒業したHさん夫妻は家のガレージを改築して家族で教会をスタートしました。子供たちが6人おりまして、いつも子供たちがお友達を教会に連れて来て、そして子供たちがピアノを弾いてワーシップして、お父さんお母さんを助けて教会の奉仕をしました。こうして昨年、家のガレージからビルのテナントに引っ越して献堂の祝福に預かりました。5年前に市役所を定年退職したH先生は、そのとき私に手紙をくださり、これからは伝道に専念できますと抱負を語ってくださいました。

 H先生もまた世の中から見れば、弱視という身体障害者、結婚も40歳を過ぎてされ、子供も40代後半から与えられたという弱い器です。しかしそのような弱い器を主が選んで栄光の器として用いてくださっております。こうした主のみわざを見させていただくとき、主は真実なお方であると告白せざるをえません。

 あなたは自分は強いと思っていますか?それとも弱いと思っていますか?あなたのまわりの人々はあなたを強い人だと思っているでしょうか?それとも弱い人だと見ているでしょうか?あなたが強いと考えるなら悔い改めましょう。主は傲慢なままではあなたを用いることはできません。もし弱いと認めるならば、どうぞあなたの弱さを誇りましょう。神様はあなたの弱さの中に働いてくださるから。ハレルヤ!主の聖名を讃美します。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-02-25 06:37 | 日記 | Comments(0)
<< 主の真実 主はへりくだる者に恵みを注がれる >>