ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

地を受け継ぐ者

f0229700_19344810.jpg


”柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。”(マタイ5章5節)

 地を受け継ぐとはどういう意味でしょうか。この世界で成功している人々というのは、権力を用いている人々、あらゆる力を駆使し、時には暴力を用いて、自分の得たいものを得、やりたいように生きているのです。やさしい人、お人よしな人は次々と追いやられ、その世界で損をしてしまう。まるで敗者のようです。この世界においては、柔和な者、力を用いない者は失敗をし、力を多く得たものが成功者である、そのように私たちの目には映るのです。しかし、神が与えようとしておられる祝福はそうではありません。 

 アブラハムから先に土地を選ぶことを許されたロトはどうなったでしょう。与えられた権利を行使し、その目に麗しい地を選んだはずであったのに、今はすべてが湖の底です。けれども、権利を用いつつ、柔和な決断をしたアブラハムは今日に至るまで神の祝福を受け続けているのです。これが、神様のなさりかたなのです。目先の素晴らしさに、この世の力に飛びつくことによって、一時得られたと思うことのできる富など、神様が与えようとしておられるこの世界での祝福と比べるまでもないのです。

 神様を待ち望み、この世の患難に耐え忍ぶ者は、神様からこの地において祝福を受け継ぐばかりではなく、かの地において、天国を受け継ぐ者となるのです。イエス様の山上の垂訓は決して、この世においての道徳や倫理を説いたのではありません。神様に土台を置き、神様を慕い求める人々に天国の祝福を約束されたのです。ハレルヤ!主の聖名を讃美します。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-03-20 19:40 | 日記 | Comments(0)
<< 人間としての大事さ 主のくびき >>