ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

賢い妻は夫の冠

f0229700_6285919.jpg


 横浜カルバリーチャペルの武井先生が3月31日をもって担当牧師を退かれました。先週は最後のメッセージの中で先生はこのようなお証をされました。

 本当に14年半に渡って、皆さんにお世話になりました。この教会に遣わされて、私の人生は最高に幸せなものになりました。皆さんに、心からの御礼を申し上げます。この教会に来る前に、誘惑がなかったわけではありません。私は神学校に通いながら、玉川学園大学の講師をしておりました。その時に、早稲田大学の系統の大学を埼玉県に開設するということで、玉川学園の有力な先生から「教授になってくれませんか」というお誘いをいただいたのです。

 「教員は、厚生年金をもらいながらでも、教員共済だから、減額されることもなく、給料をもらえるのです。」という話でした。「では、家内とも相談をしてみたいと思いますので、来週までお時間をください」と言って家に帰りました。家内にその話をしましたら、「そんな話は断った方がいい、神様にお仕えする覚悟で神学校に入ったのでしょう。そんなの、断るべきよ。」 とそう言いました。

 「まあ、そうだね。」ということで、翌週断りに行きました。そしたらその有力な先生は、「こんな話、断る人いませんよ。早稲田大学の総長も、大乗り気で喜んでいるのですよ。」と、珍しい動物を見るような目で私を眺めて言いました。でも、そのとき断ったおかげで、横浜教会のみなさんとお会いできたのです。本当にあの時だけは、家内の意見は正しかったと感謝しています。

 武井先生の奥様の一言によって、その後の先生ご夫妻の祝福に繋がったのだと思います。夫が決断に困った時、妻の信仰に立った助言は祝福の扉を開きます。しかし反対に、妻がこの世の価値観に立って助言したらどうでしょうか。結果は全く違ったものとなります。そのように考えてみると、妻の助言がその家の祝福を左右するとも言えます。ですから女性のみなさん、いつでも信仰に立った助言ができるように日々聖書を読み、祈りましょう。みなさんの助言が家族を祝福へと導きます。

“だれが賢い妻を見つけることができるか、彼女は宝石よりもすぐれて尊い。賢い妻はその夫の冠である。” (聖書)
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-04-06 23:27 | 日記 | Comments(0)
<< 完成するために来た アメニモマケズ >>