ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

和解の生贄

f0229700_621561.jpg


 イエス様は「あなたが悪いからあなたの方から謝りなさい」と言ったのではありません。また「彼が正しいからあなたに謝りなさい」と言ったのでもありません。イエス様はどちらが正しくて、どちらが間違っていると判断したのではありません。イエス様は、あなたから彼のもとに進んで和解しなさいなのです。どうしてでしょうか。どうしてあなたから先に彼と和解しなければならないのでしょうか。理由はあなたが神様の律法を知ったからです。

あなたを訴える者と一緒に道を行く時には、その途中で早く仲直りをしなさい。そうしないと、その訴える者はあなたを裁判官にわたし、裁判官は下役にわたし、そして、あなたは獄に入れられるであろう。よくあなたに言っておく。最後の一コドラントを支払ってしまうまでは、決してそこから出てくることはできない。(マタイ5:25)

 イエス様はここでもあなたが間違っているからとは言いません。早く仲直りしなさいなのです。これは天国の律法です。和解しなければ、あなたは訴えられ獄に入れられてしまいます。一コドラントとはレプタ硬貨2枚の価値で、レプタ硬貨は最も小さな価値の硬貨です。ですから一コドラントもとても小さな価値だとわかります。現在なら5円か10円かもしれません。そのような最も小さな価値の借金を支払い終わるまであなたは獄から出られない。だからあなたは行ってあなたを訴える者と和解しなさいなのです。

 祭壇に供え物を捧げるとは礼拝するという意味です。私たちが神様を礼拝する時に、自分に対して兄弟が恨んでいることを思い出したら、神様を礼拝するよりも兄弟と和解することの方が優先されると言っています。私たちが神様へ捧げる物は私たちの心です。自分は正しい、相手が間違っているという捧げ物を神様は喜びません。それよりも兄弟との和解という捧げ物の方がはるかに神様は喜ばれます。そして兄弟との和解には必ず魂が砕かれ貧しい心となります。神様が喜ばれる魂とは悔いた砕かれた魂です。

 あなたは和解していない兄弟姉妹はいますか?もしいるならば、祈りましょう。そして神様が示されるならば、その方のもとへ行き謝罪し、和解を求めましょう。主はあなたの和解の生贄を喜ばれます。ハレルヤ!主の聖名を讃美します。
 
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-04-11 06:27 | 日記 | Comments(0)
<< 関係の回復 だからあなたから和解しなさい >>