ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

感謝を献げる習慣

人がささやきました。「神さま! 私に語りかけてください。」
その時、ひばりが歌いました。でも人には聞こえませんでした。
人は叫びました。「神さま! 話してください!」
するとカミナリが空に響き渡りました。でも人には聞こえませんでした。
人は見回して言いました。「神さま! あなたを見させてください。」
すると星が明るく輝きました。でも人は見ませんでした。
人は大きく叫びました。「神さま! 奇跡を見せてください。」
すると、生命が生まれました。でも人は気付きませんでした。
 人は絶望の中で、大声で泣き叫びました。
「神様!触れてください。ここにおられることを教えてください。」
 そこで神さまは手を伸ばして、その人に触れました。
でも人は、そのチョウを払いのけました。そして歩き続けたのです。
私は神様が、小さな単純な出来事の中にも、私たちの回りにいつもいてくださるということを示してくださっていることに気付きました。

 
 先週の木曜日、突然私のパソコンが壊れてしまいました。購入して8年。今まで何度も故障を繰り返し、だまし、だまし使ってきました。(笑)4月にWindows XPのサポートが切れるのを期に新しいパソコンを購入するつもりでしたが、期を逸してしまいました。そしていよいよパソコン故障!「あ~困った!」と落ち込みましたが、先週のメッセージは「思い煩ってはならない」だったことに気づき、すぐに思い煩うことを放棄して、この出来事を神様に感謝しました。

 我が家には妻のパソコンが1台あることを感謝。スティックにデータを保存していたことを感謝。このマイナスもプラスに変えてくださることを信じて感謝。感謝を神様に捧げると、ついさっきまで心の中を覆っていた暗い雲が、スーっと無くなったように晴れた気持ちになるから不思議です。「思い煩い」を放棄することがこんなにも素晴らしいと実感しました。聖書の御言葉は真実です。ハレルヤ!
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-05-18 06:07 | 日記 | Comments(0)
<< 僕が悪かった すべてに意味がある >>