ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

僕を救ってくれたヒーロー

f0229700_18281251.jpg


 ウイルソン少年は生まれて初めてイエス様の話を聞きました。教会生活とはまったく次元の違った世界で生活してきたウイルソン少年は、このときのキャンプで人生が変わる経験をしました。それはイエス様が自分の罪の身代わりとなって死んでくださったというお話です。そしてイエス様は私たちが永遠に生きられるように復活されたこと。ウイルソン少年はこのキャンプで、生まれて初めてイエス様を心に迎え入れました。キャンプから戻ったウイルソン少年をデイヴ夫妻は温かく迎え、彼は牧師夫妻の計らいで教会に住むことが許されました。教会から学校へ通いました。ウイルソン少年にとってデイヴさんは自分を救ってくれたヒーローでした。そしてデイヴさんに憧れてウイルソン少年も自動車整備工となりました。その後、彼は神学校に通い牧師となりました。

 ウイルソン少年の前をどれだけ大勢の人々があの日、通り過ぎたかわかりません。しかし、一人のクリスチャンが声をかけてくれました。デイヴさんはウイルソン少年に何を見たのでしょうか。それは神様から愛されている神の子の姿です。彼は神様の愛を受け取って、今も日曜学校のバスのドライバーをしています。それはあの日の自分と同じ子供を見つけると、いつでも駆け寄って助けるためです。

 ウイルソン先生はいつもこう祈っておられます。「神様、あなたが見えているものを私に見せてください」と。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-05-31 18:30 | 日記 | Comments(0)
<< ハンデを持つ子がクラスの宝 ビル・ウイルソン >>