ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

父は良いものをくださる

f0229700_6512060.jpg


すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。 魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。(マタイ7:8~11)

 イエス様はすべて求め続ける者はそれを得ること捜し続ける者はそれを見出し、門をたたき続ける者はその門が開かれると約束してくださっています。

 そこで慾深い私たちは考えます。もらえるならほしいものをなんだって求め続けよう。新車のスポーツカーがほしいから神様に求め続けよう。ゴールデンウイークはハワイへ旅行したいから神様に求め続けよう。お金持ちで、学歴があって、背の高い彼氏を捜し続けよう。だって聖書は求めれば与えられると書いてあるから。私たちはそのように考えると思います。しかし、イエス様がここで求めなさいと言ったのは、そのような私たちの欲望を満たすために言われたのでしょうか。

 私が子供の頃は、親から出されたものは全部食べなさいと教えられました。「たまにはパンが食べたい」と言うと、「そんなことを言うなら今日は食べなくていい」と言われて食事抜きです。仕方なくいつも出されたものは文句も言わずに食べるという習慣がつきましたから、このような大きな体に育ててもらったと思い両親に感謝しています。

 同じようにサムエルとマリアを育てたいのですが、なかなかそううまくゆかないのが子育てです。朝食にパンを出しても食べないので、「食べなくていい」などと言うと、本当に食べずに学校に行ってしまいます。妻は子供たちが食べるものをと、パンにチョコレートをつけたり、菓子パンを出したり、子供の好きなご飯にしたり。確かに親というものは子供が求めるものをあげたいと望み、またそれを与えようとします。同じように天の神様は私たちのお父さんでありますから、子である私たちが求めるならば、良いものをくださるのです。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-06-03 06:51 | 日記 | Comments(0)
<< 良きものとは 求め続けなさい >>