ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

新しいステージへ

f0229700_5513168.jpg


 ペンテコステというのはイエス様の復活から数えて五十日目という意味です。イエス様は過越祭の日に十字架に掛かりました。その三日後の日曜日の朝に復活されました。イエス様は復活されて40日間にわたって度々弟子たちに現れて、神の国のことを語られたとあります。 

 40という数字は聖書に度々登場します。聖書に40という数字が書かれるとき、そこに神様の奥義が隠されています。40という数字は、神様が新しいわざを始めるためにその人を訓練するための期間として書かれています。例えば創世記では、ノアが箱舟に入り四十日四十夜の間雨が降り注いだとあります。その後、ノアとその家族から人類の再出発をいたしました。

 出エジプト記ではモーセが四十日四十夜シナイ山に留まり神様から十戒の板を頂きました。神様はモーセを通してイスラエルの民に律法を与え、イスラエルの民を神の民としての訓練を始めました。またイスラエルの民は40年間荒野をさ迷いました。しかしこの神様の訓練を終えたイスラエルの民は、新しいイスラエルとなり、ヨルダン川を渡り、カナンの地を征服しました。

 エリヤはバアルの預言者450人と戦った後、イゼベルを恐れ一人四十日四十夜走って逃げて、神の山ホレブに着きました。そこでエリヤは神様の声を聞きました。「あなたはここで何をしているのか」。神様はエリシャに油を注ぎ預言者とすること。そしてバアルにひざをかがめていない7000人の民がいることを教え、エリヤを新しい戦いの勝利へと導きました。

 新約聖書では、イエス様が洗礼を受けた後、四十日四十夜荒野で断食しサタンの誘惑を退けました。その後、イエス様はガリラヤへ行き、福音宣教を開始しました。

 このように40という数字は、神様がその人を通して新しいことを始めるために訓練する備えの期間です。イエス様が40日間たびたび弟子たちに現れて神の国のことを語られたというのは、弟子たちを次の新しいステージに引き上げる準備期間でした。そしてイエス様は弟子たちにこう告げました。「エルサレムから離れないで、かねてわたしから聞いていた父の約束を待っているがよい。すなわち、ヨハネは水でバプテスマを授けたが、あなたがたは間もなく聖霊によって、バプテスマを授けられるであろう。」「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」
 
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-06-09 06:11 | 日記 | Comments(0)
<< 新しい人 ペンテコステ礼拝 >>