ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

黄金律

f0229700_6322055.jpg


だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。これが律法であり預言者である。(マタイ7章12節)

 これはマタイ福音書5章から始まる山上の垂訓の最高峰の教えだとも言われています。ある人はそうではない。これは聖書の中でも最高の教え、(Golden Rule)、聖書の黄金律だと言っています。いつから黄金律と呼ばれたかと言うと、1750年にイギリスのジョン・ウェスレーがこの箇所から黄金律(Golden Rule)というタイトルでメッセージをしたと記録にありますから、それ以来と言われています。キリスト教を国教化した以降のローマ皇帝は実際にこの御言葉を金で掘って、自分の書斎に飾っていつも読んでいたと言います。

 金というのは世界中で認める最も高価な金属です。ですから昔からどこかで金が発掘されたというとゴールドラッシュと言って人々が押し寄せました。現在の通貨制度も金本位制と言って金を基準として各国の中央銀行が紙幣を印刷しそれを貨幣として私たちは使用しています。価値ある金だからこそ基準となるのです。金はそれほどに価値ある貴重なものです。

 それではこの黄金律はいかがでしょうか。黄金としての価値をもっているでしょうか。ある聖書学者は、「これが黄金律と呼ばれるゆえんは、この聖句にクリスチャンが黄金に等しい、またはそれ以上の価値を見出すからである。黄金としての価値を見出さない者にとっては、黄金律とならない」と言っています。私はこれを聞いてなるほどと思いました。あなたはいかがでしょうか。このみ言葉は自分にとって黄金以上の価値があると思っておられますか?
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-06-16 06:34 | 日記 | Comments(0)
<< チックフィレイ 流さずに笛を吹く勇気 >>