ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

祝福してくださらないはずがない!

 2012年にバラク・オバマ大統領が選挙公約に、同性結婚を認めるという発言をしました。当時の社長ダン・キャッシー氏は、その言葉に公然と反対し「それはおかしい。聖書は男性と女性に結婚の祝福を約束しており、同性結婚は聖書の真理に反している」として反対しました。この発言がインターネットに流れ、全米の同性愛者から反発されて、チックフィレイ不買運動へと広がりました。ある市長は「私の市ではチックフィレイの新しい店舗を出店させない」と言いました。すると全米のクリスチャンが今度はインターネットで「チックフィレイをつぶしてならない。みんなでチックフィレイに行こう」という運動が起こり、その年は創業始まって以来の売上を記録しました。

 今年、アメリカでは記録的な大豪雪に見舞われました。日本でも2月に首都圏が大雪に襲われ、道路が大渋滞となりましたが、アメリカはそれ以上でした。南部のアラバマ州はほとんど雪が降らない州ですが、この州も今年は大雪に襲われ交通は遮断されました。高速道路や国道では車輛が動けずに大渋滞となりました。このためドライバーたちは雪の中で立ち往生し寒い夜を過ごさなければなりませんでした。

f0229700_6561124.jpg


 アラバマ州にあったチックフィレイのお店は、このときお店でチックフィレイを山のように作りました。そして高速道路で立ち往生しているドライバー一人一人にチキンサンドを配りました。中にはお金を払おうとしたドライバーもいましたが、従業員は「いりません。これはサービスです」と言って断りました。それだけではなく、その日、車輛がスリップしていれば一緒に車を押してあげ、ドライバーがトイレや休憩をとれるようにその晩はずっと店を開放し、翌朝はドライバーに朝食も提供しました。

 店長はこうした行為についてこう言っています。「私たちの会社は利益を生むことよりも、人々を愛し、人々に仕えることを基本としています。この伝統を守っただけです。」社長のキャッシー氏はこう言っています。「ノーベル平和賞の受賞者の名前をいつまでも覚えている人は多くありません。しかし、自分の人生に大きな影響を与えた人の名前なら、人はすぐに言えます。そしてそういった名はいつまでも忘れることはありません。私たちは普段の生活を見られることで、他人に影響を与えているのです。」

 キャッシー氏は、聖書の黄金律をまさに黄金以上の価値があると信じてチックフィレイというファストフード店を始めました。そしてお店の経営の基準を聖書のこの黄金律としました。キャッシー氏はこう言っています。「聖書の原則に従うならば、神様は必ず祝福してくださいます。いいえ、祝福してくださらないはずがありません。」
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-06-18 06:56 | 日記 | Comments(0)
<< 付録を求めるのではなく チックフィレイ >>