ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

一握りの肥料

f0229700_5212525.jpg


 昨年収穫したゴーヤの種から今年は6本の芽が出ました。ゴーヤの収穫を夢見て肥料をたくさん入れた鉢に植えかえたところ、ゴーヤの苗はすぐに枯れてしまいました。インターネットで調べると肥料のあげすぎが原因との事。素人考えでたくさんの肥料がゴーヤの成長に良いと考えたゆえの失敗。ゴーヤの育て方には「ほんの一握りの肥料で十分」と記載。栄養ある肥料をたくさん与えるよりも、それをわずかに与えることによって健康なゴーヤが成長することを学びました。

 聖書のみことばに、「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」とあります。イエス様に繋がるならば、私たちという枝は豊かな実を結ぶという聖書の約束です。イエス様が結ばせてくださる豊かな実とは愛。ゆるせない隣人を赦し、愛し、その人の祝福のために祈るほどの愛。私たちは自分の努力でこの愛を持つことはできませんが、イエス様に繋がることによって神様が結ばせてくださる実です。

 そのような愛の実を結ぶための「ほんの一握りの肥料」とは何だろうと考えました。大川先生は、「一日5分聖書を読むだけであなたの人生は変わる」と言いました。1日は24時間。これを分に直すと1440分。つまり1440分の中で5分間、聖書を読む時間とするだけで、私たちは人生の中で豊かな実を結ぶことができるのです。これはまさに「ほんの一握りの肥料」だと知りました。

 本日、メッセージを取り次いでくださる柴田先生は、18歳の時に学校の前で受け取った一枚のトラクトからイエス様という木に繋がりました。高校卒業後に神学校に進んだ先生は、カナダのインディアン宣教の想いが与えられ、奥様とカナダに渡りました。18年間の宣教を通して大勢のインディアンがイエス様に繋がり、また奥様との間に4人の子供が与えられました。現在、子供たちはみな巣立ちましたが、それぞれイエス様に繋がった人生を歩んでいます。キリストに繋がるならば豊かな実を結ぶという聖書の約束は、まさに先生の人生において成就されました。

 一枚のトラクトという「ほんの一握りの肥料」から、柴田先生はキリストに繋がり、豊かな実を結ぶ人生へと変えられました。今日、お届けする聖書のメッセージが、みなさんの人生にとって「一握りの肥料」となりますようにお祈りいたします。

“わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。” (ヨハネ15章5節)

[PR]
by carbondalle1996 | 2014-06-30 05:21 | 日記 | Comments(0)
<< ワイフとサイフは大切です 洗礼式&転入式 >>