ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

赦されざる者

f0229700_616480.jpg


すると、そのとき、ひとりのらい病人がイエスのところにきて、ひれ伏して言った、「主よ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。(マタイ8章2節)

 当時のユダヤ社会においてらい病人を差別するという考え方。その根本にあったのは、神に対する汚れです。らい病人がそのひどい病気になった原因は、罪であり、その罪のゆえに神から汚れた存在とされたこと。人々は彼らを罪深い罪人、神の前に立つことが許されない存在としてさげすみました。赦されざる者だったのです。

 ですから彼等らい病人は癒される対象ではなくて、きよめられる対象なのです。神様によってその罪を赦され、聖められる対象なのです。そこで聖書を読むと、イエス様がらい病人を癒されたとは書かれていません。らい病をきよめたとあります。現実はイエス様によってらい病が癒され、皮膚がきれいになったのですが、聖書はらい病をきよめたとあります。このようにらい病とは癒される対象ではなく、汚れからきよめられる対象なのです。ですからこのらい病人もイエス様のもとにきて癒してくださいとは言いませんでした。みこころでしたら、きよめていただけるのですがと言ったのです。

 あなたに罪はありますか?あなたの罪はどのようにして赦され、聖められなければなりませんか。イエス・キリストはあなたの罪の身代わりに十字架に掛かり死んでくださいました。イエス様の十字架は私の罪のためだと信じる者に、神はその罪を赦し、神の子とされる特権を与えました。本来、決して赦されない者が、赦される。ですからこれは神様の一方的な恵みなのです。あなたもイエス様を信じ、罪赦された者となってください。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-07-30 06:16 | 日記 | Comments(0)
<< 待っていた人 前に進み出ること >>