ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

待っていた人

f0229700_6535522.jpg


すると、そのとき、ひとりのらい病人がイエスのところにきて、ひれ伏して言った、「主よ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。(マタイ8章2節)

 このときこのらい病人はイエス様が山から下りてくるのを待っていたのかもしれません。私も韓国に行ったときにチョー・ヨンギ先生に祈って頂きたいと願いました。どうしたらいいかと考えました。まさか講壇の上で説教しているときに上って按手してくださいと言ったら警備員に取り押さえられてしまいます。純福音教会の近藤先生が、「講壇から下りてきたところに進み寄って座り込んでしまえば、チョー先生も必ず祈ってくれますよ」とアドバイスをくださいました。それで私はチョー先生が説教を終えて講壇を降りると、近藤先生と一緒に走ってチョー先生の前に座り込んだ経験があります。このとき、私はSPの方に取り押さえられてしまいました。

 ですからきっとこのらい病人もイエス様に祈ってもらいたいとイエス様が講壇の上から下りるのを待っておられたのだと思います。そして彼はイエス様にひれ伏したとあります。ひれ伏すというのは神様を礼拝する態度です。ユダヤ人というのは律法で神以外のものを神として礼拝してはならにとありますから、ヤーウエなる真の神以外にはひれ伏して礼拝することは厳しく罰せられます。まして人を神として礼拝することは偶像崇拝となります。しかし、そうした律法の教えを知っていてこのらい病人はイエス様にひれ伏しました。それはイエス様をヤーウエなる神様と信じてる行為であり、救い主メシヤとして信じた行為でした。

 あなたには神様がいますか?それはどのような神様でしょうか?イエス・キリストはあなたを愛し、その愛はあなたのために十字架にかかるほどです。イエス・キリストを救い主として信じるならば、あなたの人生は大きく変わります。そしてあなたも神の子となります。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-07-31 06:54 | 日記 | Comments(0)
<< 最初に主を拝した者 赦されざる者 >>