ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

平和の架け橋

f0229700_6233274.jpg


 家で農業をされている職場の同僚から「お米に花が咲く」という話を聞きました。毎日、農道を通って通勤している私にとってそれは驚きでした。早速、インターネット調べると確かにお米に小さな花がありました。もう花が咲く季節は過ぎてしまったそうですから、来年こそは「お米の花」を見たいと思いました。お米は受粉し花が咲き、一粒、一粒、実を結び、9月下旬には収穫を迎えます。

 13日(水)、14日(木)と1泊2日で盛岡のパワフル聖会に参加しました。講師の川端光生先生は、ユダヤ人とクリスチャンを結ぶ平和の架け橋「ブリッジス・フォー・ピース(BFP)」の働きをされており、今年も東日本の牧師先生方とイスラエルツアーを引率。キリスト教2千年の歴史はユダヤ人迫害の歴史であることを学び、傷ついたユダヤ人へキリストの愛を伝えたいと川端先生はBFPの働きをしています。

 ユダヤ人は学校で算数の足し算のときに十の字をプラスとして書きません。それはキリストの十字架を意味するから。ユダヤ人は足し算でプラスを意味する十の字を書くときは、横棒を引いて縦棒を貫かずに書くそうです。それほどユダヤ人にとって十字架はクリスチャンが自分たちユダヤ人を迫害したシンボルとして憎んでいます。同じようにイスラエルでは、赤十字の自動車は走っていないそうです。代わりに走っているのはダビデの星をつけた救急車。

 そのようにキリストの福音を頑なに拒んできたユダヤ人の中で、最近は変化が起きています。「キリストのことを聞くなら、私たちは日本人クリスチャンから聞きたい」と。日本人は世界史で唯一ユダヤ人を迫害しなかった民族としておぼえられています。川端先生のメッセージを聴きながら、私もユダヤ人との間にかかげる平和の架け橋「Bridges for Peace」となりたいと願いました。栄光在主。

f0229700_6234961.jpg

[PR]
by carbondalle1996 | 2014-08-17 19:22 | 日記 | Comments(0)
<< 主に仕える人生 僕の妹 >>