ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

ごきげんよう

f0229700_6131969.jpg
                          故 村岡花子

 NHKドラマ「花子とアン」の中で主人公の村岡花子がラジオ放送の最後に「ごきげんよう」を挿入させてほしいと上司に願い出るシーンがありました。このときの主人公のセリフがとても心に残りました。

 「ごきげんようは、さまざまな祈りが込められた言葉だと思います。どうかお健やかに、お幸せにお暮らしくださいという祈りです。人生はうまくゆくときばかりではありません。病気になることもあるし、何をいやってもうまくいかないときもあります。健康な子も、病気の子も、大人たちも、どうか全ての人たちが明日も元気に、無事に放送を聴けますようにという祈りを込めて番組を終わらせたいのです。」

 「ごきげんよう」という言葉にこうした意味が含まれていたことを知り、改めて感動。人生には山あり谷あり。嵐の日もあれば、晴れの日もあります。今日会った人に、今日お別れする相手に「どうか健やかに、お幸せにお暮らしください」という祈りを込めて挨拶できることは素晴らしい。広島の土砂災害では大勢の命が失われました。災害で亡くなった家族を想うとき、私たちは全ての人々が明日も元気に、無事で、しあわせに暮らせますようにと祈らずにおれません。

 イスラエルの挨拶はシャローム。昼でも夜でも人々は笑顔で「シャローム」と挨拶。その意味は「平安」。花子の言葉ではありませんが、人生はうまくゆくときばかりではなく、何をやってもうまくゆかないときもあります。試練や患難の中にあって心に平安を保つことは難しい。そのようなとき私たちは、「どうして私ばかりこんな不幸が・・・」と思ってしまいがちです。しかしそのような時でもユダヤ人は「シャローム」と挨拶します。それは「あなたの心に平安がありますように」という願いを込めてであり、真実の平安を創られるお方が誰であるかを知っているからだと思います。

“あなたは神と和らいで、平安を得るがよい。そうすれば幸福があなたに来るでしょう。” (ヨブ記22章21節)


 「ごきげんよう」は当時の東洋英和女学校で使われた挨拶。もしかしたらその中に、「神様の平安があなたにありますよう」という祈りも込められていたのかもしれません。今週もみなさまの心が主の平安で充たされますように。シャローム!

f0229700_6124323.jpg

[PR]
by carbondalle1996 | 2014-08-31 23:07 | 日記 | Comments(0)
<< 夕暮になると 弱い時にこそ強い >>