ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

すると突然

f0229700_656093.jpg


すると突然、海上に激しい暴風が起って、舟は波にのまれそうになった。ところが、イエスは眠っておられた。(マタイ8章24節)

 「すると突然」とあります。イエス様が舟に乗って、弟子たちと向こう岸へ渡ろうと舟を漕ぎ出し、福音を伝えようとしたそのときに突然、激しい暴風が起こりました。まるでサタンがイエス様を向こう岸へ渡れないようにするかのようです。同じように、私たちもいざ神様の福音を伝えようと出てゆくと、今まで考えられなかったような妨害に遭います。それはサタンの攻撃です。

 ガリラヤ湖は南北21km、東西13kmの小さな湖です。ほぼ八郎潟と同じくらいの大きさですが、八郎潟と違う点はガリラヤ湖が海抜マイナス210メートルと、海面よりもずっと低い所にあったことです。そしてガリラヤ湖を囲むように海抜500mの山々に囲まれています。このため時折、周囲の山々からガリラヤ湖に向かって激しい風が吹き下ろします。するとどんなベテランの漁師でも、舟を乗り出すことはできなかったそうです。

 あなたは乗っていた舟が嵐に遭って難破しそうになったという経験はありますでしょうか。難破しそうになったという経験があると、このときの弟子たちの不安な気持ちがよくわかると思います。私はありませんので、想像するしかありませんが、それはどんなに恐ろしかっただろうかと思います。しかし、そのような今にも沈没してしまいそうな舟の中でイエス様は眠っておられました。

 どうして荒れ狂う波の中でイエス様はすやすやと眠ることができたのでしょうか。それはきっとイエス様は父なる神様のふところにあって安心していたのではないでしょうか。あなたは父なる神様の平安をいつもいただいておりますか?どんなにサタンが攻撃してきたとしても、主がともにおられる平安をもちましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-09-09 06:55 | 日記 | Comments(0)
<< 主よ、お助けください! イエスさまと舟に乗って >>