ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

イエスの御名によって

f0229700_953353.jpg


 アフリカで教会をされているジャクソン先生は。ある日クリスチャンに拾われて勉強の機会が与えられて、教会へ行き始めたそうです。そこで聖書をもらって読み始めました。するとマルコ16章に信じる者は悪霊を追い出すことができると書かれている聖書箇所に目が止まりました。先生は悪霊に付かれた人を追い出したいと思ったそうです。そして教会の祈祷会へ行きました。祈祷会後に牧師先生のもとへ行って聞きました。「悪霊を追い出すにはどうすれば良いのですか?」

 牧師先生はびっくりして言いました。「あなたは日曜日に救われたばかりでしょう。悪霊なんて追い出さなくて良い。もっと後にしなさい。それよりももっと大切なことを学びなさい」と諭したそうです。するとジャクソン先生は「聖書には信じる者にはできると書いてあります」と答えました。仕方なく牧師先生は、「イエスの御名によって出て行けと言えば良い。そうすれば悪霊は出て行く」と教えました。

 彼はそれから外に出て行って悪霊に付かれた人はいないかと探しまわりました。しかし、なかなか悪霊に付かれた人はいませんでした。そして4日目に悪霊に付かれた人に出会いました。その人は何年もお風呂に入っていない姿で、顔をゴミ箱に突っ込んで食べ物をあさっていた。人とは思えない姿。家に連れて来て「Go in the name of Jesus!」「イエス・キリストの御名によって出て行け!」と命じた。すると彼はもっと乱暴した。もう一度「イエス・キリストの御名によって出て行け!」と命じた。そして3回目に「イエス・キリストの御名によって出て行け!」と命じると、彼の中の違う声が話し出した。「俺を出さないでくれ。俺は15年間この男の中に入っているんだ。その名を使わないでくれ。」Jackson先生はもう一度「イエス・キリストの御名によって出て行け!」と命じました。するとその人から悪霊が出て行き、その人は正気に戻りました。

 その人は自分の姿を見て大泣きに泣きました。そして自分の郷里に帰って、お母さんに会いたいといいました。郷里まで100km。ジャクソン先生と二人で100キロの道のりを歩いて帰りました。村に帰って、お母さんは息子の姿を見て気絶してしまいました。なぜなら息子は15年前に死んだと思い葬式を挙げていました。これを聞いた村の人々が見に来ました。そして起こった出来事を知り、村人全員がイエス様を信じて救われました。そして隣り村の人々も来て信じました。そしてこの地方にリバイバルが起こり、この国の大統領が来て国の救いのためにジャクソン先生に祈ってほしいと申し出て、リバイバル集会をすることになったそうです。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-09-20 09:07 | 日記 | Comments(0)
<< バイブル・スタディーの恵み 嬉しくって、ありがたくって、感謝一杯 >>