ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

彼らの信仰を見て

f0229700_6314218.jpg


さて、イエスは舟に乗って海を渡り、自分の町に帰られた。すると、人々が中風の者を床の上に寝かせたままでみもとに運んできた。イエスは彼らの信仰を見て、中風の者に、「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪はゆるされたのだ」と言われた。(マタイ9章1~2節)


 イエス様と弟子たちは舟に乗ってカペナウムからガリラヤ湖の東岸にあるガダラ人の地に行きました。そこで長年悪霊に取りつかれていた人から悪霊を追い出しました。追い出された悪霊は二千頭の豚に移り、豚は湖に落ちて死んでしまったというお話をしました。その地の人々は、二千頭の豚が死んでしまったという出来事を見て、イエス様にこの地を出て行ってくださいと願いました。こうしてイエス様は再びガリラヤ湖を渡り、カペナウムに戻ってきました。マタイは、イエス様がカペナウムに戻ったことを、イエス様は自分の町に帰られたとマタイは記しています。

 イエス様がカペナウムに戻ったある日、いつものように家でお話をしていました。その家はもしかしたらペテロの姑の家であったかもしれません。そこへ人々が中風の人を床の上に寝かせたまま運んで来ました。マルコ福音書では、運んで来た人々の人数は四人だとあります。ところが群衆のためにイエス様に近寄ることができませんでした。このときこの4人は外でイエス様が出て来られるのを待つではなく、その家の屋根に登って、イエス様がおられるあたりの屋根をはぎ、穴をあけて、中風の者を寝かせたままで床をつり下ろしました。

 この中風の人は、自分が苦しいときに助けてくれる友人が4人もいました。友人たちは中風の人を寝たままで、床ごと4人で四隅を持って運んだことでしょう。彼等はイエス様のところに行けば、必ず友人の中風は癒されると信じたことでしょう。そのような信仰をもった友はどんな宝物よりも高価ではないでしょうか。あなたを教会へ誘ってくれた友人がいると思います。その人はあなたの最高の友人ですね。同じように今度はあなたが友人をイエス様のもとへ導く人となりましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-09-22 06:32 | 日記 | Comments(0)
<< 心の中の罪 バイブル・スタディーの恵み >>