ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

どちらがたやすいか?

f0229700_626349.jpg


イエスは彼らの考えを見抜いて、「なぜ、あなたがたは心の中で悪いことを考えているのか。 あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。(マタイ9章4~5節)

 イエス様は律法学者たちの心を見抜いて言いました。「あなたの罪はゆるされた、と言うのと、起きて歩け、と言うのと、どちらがたやすいか。」みなさんだったらどちらがたやすいと考えますか。私はどちらがたやすいかというこの疑問に長年悩みました。さて、いったいどちらがたやすいのでしょうか。もちろん言葉だけでしたら、あなたの罪は赦されたと言うことの方がたやすいです。実際、人は罪が赦されたことを証明することができないからです。しかし、もしここに中風の人が寝ておられて、「あなたの足は癒されました」と言っても、その人が歩くことができなければ私は嘘をついたことになります。癒しは目で見て証明できるからです。

 しかし、律法学者が心の中で言ったように、罪の赦しは神様しかできないことです。イエス様は大勢の病人を今まで癒してきました。悪霊に取りつかれた人から悪霊も追い出しました。しかし、そうした奇跡を行っても、イエス様は神を汚していると非難はされませんでした。それは預言者でも癒しや悪霊追い出しをしたからです。しかし、罪を赦すという権威は、預言者には与えられていません。罪を赦すことができるのは神お一人です。ですから、律法学者の考えでは、罪の赦しの方がより難しいと考えられます。

 さて、あなたにとってはどちらがたやすいことでしょうか?罪は赦されたと宣言すること?それとも起きて歩けということ?イエス様のこの言葉はそのまま私たち自身に迫る言葉となります。あなたはどちらだと考えますか?
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-09-24 06:26 | 日記 | Comments(0)
<< CGNTV撮影 心の中の罪 >>