ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

メシヤとしての証明

f0229700_682111.jpg


しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって、「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と言われた。すると彼は起きあがり、家に帰って行った。(マタイ9章6~7節)

 イエス様はこのとき「人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言いました。あなたがたとはここに集まっている群衆ではありません。あなたがたとは、イエス様を非難した律法学者たちです。そのように考えてみると、イエス様はこのことを証明するために、わざと中風の者に「あなたの罪は赦された」と宣言されたことがわかります。8章で百卒長が中風の者を癒してくださいと願い出たときに、イエス様は「わたしが行ってなおしてあげよう」と言いました。それに対して百卒長は「みことばをください」と願いました。そしてイエス様が「あなたの信じたとおりになるように」と言ったその時に、僕はいやされたとあります。

 つまり同じ中風の者の癒しでも、8章では罪の赦しの宣言はしていません。それではなぜ、今回は中風の癒しを宣言せずに罪の赦しを宣言したのでしょうか。それはそこに最高議会から派遣された律法学者がいたからです。彼等はカペナウムで起きたメシヤ運動を観察し、それを最高議会に報告しなければなりません。イエス様が、「人の子は地上で罪をゆるす権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言った理由は、そこにありました。そしてイエス様が中風の者に「起きよ、床を取りあげて家に帰れ」と命じると、彼は起き上がり家に帰りました。

イエス様はここで中風の者の癒しを行うことによって、ご自身のメシヤ性を証明されました。ユダヤ教のラビが論理的に物事を証明する方法の1つに、易しい方を証明して、より難しい方もまたそのとおりであると実証します。これはラビ特有の論理方法です。イエス様は律法学者らが普段使う証明方法によって、より易しいと思える中風の癒しを証明することによって、より難しいと考える罪の赦しを証明したのです。このことによってイエス様は、自分は神を汚す者ではなくメシヤであると律法学者に証明しました。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-09-26 06:07 | 日記 | Comments(0)
<< 根負けした神様 CGNTV撮影 >>