ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

あなたの人生の主人は?

f0229700_6351821.jpg


アダムはまたその妻を知った。彼女は男の子を産み、その名をセツと名づけて言った、「カインがアベルを殺したので、神はアベルの代りに、ひとりの子をわたしに授けられました」。(創世記4章25節)

 カインが生まれたときにエバは、「わたしは得た」と告白しましたが、セツが生まれたときにエバは、「わたしはセツを得た」とは言いませんでした。エバは「神はアベルの代りに、ひとりの子をわたしに授けられました」と告白しました。つまり「神が授けられた」と告白したのです。カインが生まれた時の主語は「わたし」でしたが、セツが生まれた時には、主語は「神」に変わりました。そして名前をセツと名付けました。セツとは「授ける」という意味です。

 かつてエバは自分の能力によってカインを得たと考えました。しかし、エバは大事な息子カインとアベルを失ったことによって、大切なことを悟りました。息子を亡くすという事件は、カインが間違っていたのではない。私が間違っていた。神様によって与えられた命なのに、私は自分で得たと高慢になり、その結果息子のカインもまた神様を畏れない子供になってしまった。すべては私の間違いであった。エバはそう感じたと思います。そしてエバは新しく生まれた子は「得た」ではなく、「授かる」と名付けたのです。

 私たちの人生もこれと同じです。自分の力で得たと考えるか、神様によってすべて与えられたと考えるか。これまでの人生、学歴や資格、今までの数々の成功。家族や友人。そうした全てを自分の努力によって得たと見るか、神様によって与えられたと見るか。私がという人生か、それとも神様がという人生を選ぶか。あなたはどちらの人生を歩んでいますか?「私が」という人生でしょうか?それとも「神様が」という人生でしょうか?後者を選択した者の人生は神様の祝福に充たされます。神様こそあなたの人生の主人です。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-09-30 06:35 | 日記 | Comments(0)
<< 強き者と弱き者 わたしは得た >>