ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

アブラハムの最初のテスト

f0229700_5473335.jpg


アブラムはなお進んでネゲブに移った。 さて、その地にききんがあったのでアブラムはエジプトに寄留しようと、そこに下った。ききんがその地に激しかったからである。(創世記12章10節)


 アブラハムの最初のテストは「飢饉」でした。これは生存にかかわる問題だけに深刻です。だれが自分の生存の保障を与えてくれるのか、その問題は生涯続くテストとも言えます。この最初のテストでアブラハムはつまずきます。その最初のテストとは人間の最も基本的なニーズである「生存と防衛の保障」です。アブラハムは助けを神に求めることなくエジプトへ下り、自分の身を防衛すべく妻を自分の妹だと偽りました。

 結果的に、エジプトの王から生存と防衛の保障を得て、アブラハムの召命は終わったかに見えました。ところが不思議なことに、アブラハムを呼び出した神は、エジプトの王をひどい病気にし、真実を夢で知らせました。それでエジプトの王は護衛付きでアブラハムとその一行をエジプトから追い出しました。これは神の恩寵の計らいでした。この恩寵ゆえに、アブラハムは本来の召しに立ち戻ることができたのです。そして、財産を以前より多く持つようになりました。

 私たちは順風満帆なときは神様に従って歩みますが、一旦激しい嵐や暴風が吹き荒れると、途端に神様から離れて自分の智恵に頼ってしまいます。その結果、私たちは大きな失敗をしてしまうのではないでしょうか。しかし神様は、私たちのそうした失敗さえも益に変えてくださるお方です。マイナスは必ずプラスになる。私たちは失敗し、神様に罪を犯してしまう度に、神様の赦しと愛を体験します。こうして私たちは信仰から信仰へと成長するのです。

 あなたがどんなに失敗しても、主はあなたを見捨てずに、助け出してくださいます。そしてあなたを用いて福音を広めたいと考えておられます。この愛に応える者となりましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-10-08 05:53 | 日記 | Comments(0)
<< ベテルとアイの間 行く所知らずして >>