ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

目を上げて見なさい

f0229700_5454480.jpg


 アブラハムは財産の豊かさゆえに甥のロトとの間に争いが生じました。それぞれの羊の牧草をめぐる争いです。この争いも結局のところ「生存と防衛の保障」に突き当たります。この問題に対する対処において、アブラハムはロトとの分離を提案し、ロトにその優先権を譲歩しました。アブラハムは自分で行くべき道を選ばず、神にゆだねたことを意味します。つまり神への信仰による譲歩であり、それによって争いを回避したのです。

 ロトは目に見える良い土地を選び取りました。アブラハムは自分の優先的立場や目に見えるところによってではなく、信仰によって選び取ろうとしました。後になってロトは大きな失敗をします。目に見える富を選びとったため、神不在の地での罪によりその土地と人々は神様によって滅ぼされてしまいます。アブラハムの選んだ地は、カナンの地で最も高い場所にあるヘブロン。ロトの選んだ肥沃で低地とは全く逆です。

 しかし、神様はアブラハムが選んだその地を祝福しました。いいえ、神様はアブラハムその人を祝福したのです。なぜならばアブラハムは神様を第一に選び、神様を礼拝する人生を歩んだからです。良い環境が富や平安、幸せを人にもたらすのではありません。祝福も平安も幸せも神様から与えられるのです。ですから私たちは神様を第一とした生活をしなければなりません。神様は祝福するものを祝福します。

主はアブラムに言われた、「目をあげてあなたのいる所から北、南、東、西を見わたしなさい。すべてあなたが見わたす地は、永久にあなたとあなたの子孫に与えます。(創世記13章14節)
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-10-10 05:45 | 日記 | Comments(0)
<< メルキゼデク ベテルとアイの間 >>