ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

進んで近づく神

f0229700_5541241.jpg


さてイエスはそこから進んで行かれ、マタイという人が収税所にすわっているのを見て、「わたしに従ってきなさい」と言われた。すると彼は立ちあがって、イエスに従った。(マタイ9章9節)

 イエス様はガリラヤ湖畔の町カペナウムをガリラヤ宣教の拠点とされました。そこはかつてイエス様が山上のメッセージを語った山があり、らい病人を癒した地であり、ペテロの家で姑の熱病を癒した地でした。カペナウムはガリラヤ湖畔にある1つの漁の町ではありません。カペナウムにはもう1つの側面がありました。それは陸上交通の要所という側面です。カペナウムはメソポタミア地方とエジプトを結ぶ幹線道路の中継地点でもありました。当時の人々はこの道を「海の道」と呼びました。自然、メソポタミア地方の産物とエジプト地方からの商品がカペナウムで売買され、市場として栄えていました。

 このような交通の拠点に置かれたのが収税所でした。カペナウムは交通の要所でしたので、通行税や取引する商品に税がかけられました。カペナウムは、北はダマスコに通じ、南はエジプトに通じる交通の要所でしたから、大勢の人々と商品が行き来しました。きっと通行税や物品税は相当な額だったと考えられます。交通の要所に税関を置くというのは、昔も今も変わりません。マタイはこの収税所で働いていました。

 イエス・キリストは収税所で働いていたマタイのもとへ進んで行かれました。マタイがイエス様のもとへ近づいたのではありません。イエス様の方からマタイへ進んで近づかれたのです。それは迷える一頭の羊を探し出す行為でした。同じようにイエス・キリストは、今日もあなたを救いだそうとあなたに進んで近づいてくださいます。神様はあなたを愛しています。この愛に応える人生を送りましょう。
[PR]
by carbondalle1996 | 2014-10-20 05:54 | 日記 | Comments(0)
<< 私をご覧になって あなたが持つ創造する力 >>