ブログトップ

5つのパンと2匹の魚

fivebread.exblog.jp

主はあなたを祝福したいのです

f0229700_9133854.jpg


 K先生は、高校に入学する前から進学したいと願っていた大学がありました。K先生の進学した高校から希望する大学へは指定校推薦制度があり、優秀な成績を取るとその大学に推薦入学できたそうです。ですからK先生は高校3年間一所懸命に勉強をしました。そして高校3年生の1学期の成績表が渡されました。K先生はその大学に推薦入学できる成績を取りました。K先生にはバラ色の大学生活が待っていました。後は高校を卒業するだけでした。ところがその年の夏休み、イエス様からチャレンジを受けました。それは献身へのチャレンジでした。

 進路について悩んだK先生は教会の牧師先生に相談しました。牧師先生が「神学校は大学を卒業してからでも遅くありません。今は大学へ進みなさい」と言ってくれたら問題なかったのですが、そのとき牧師先生は「高校を卒業したら神学校に入りなさい」とおっしゃったのです。K先生はそのとき内心、「ちょっと待ってください。先生は僕のこの3年間の努力を知らないからそんな簡単に言えるのです」と思ったそうです。そしてまたしばらく悩んだそうです。

 しかし、その年の夏休みに、K先生はイエス様からはっきりと献身への召しを受けました。そしてK先生は高校卒業後に神学校へ進む決断をしました。同級生たちは、「あいつは気がおかしくなった」と言ったそうです。「もったいない」と言う友達もいました。しかしK先生の人生を見るとどうでしょう。神様はK先生が手放した以上のすばらしい奇跡の数々をもってK先生の人生を祝福されました。

 あなたはイエス様のために何を手放しましたか?人々はそれを見て「もったいない」と言うでしょう。しかし、神様に捧げるのに「もったいない」ことは1つもありません。神様はあなたが捧げた以上に、いいえ100倍にも1000倍にもしてあなたの人生を祝福してくださいます。主はあなたを祝福したいのです。

さてイエスはそこから進んで行かれ、マタイという人が収税所にすわっているのを見て、「わたしに従ってきなさい」と言われた。すると彼は立ちあがって、イエスに従った。(マタイ9章9節)

[PR]
by carbondalle1996 | 2014-10-25 09:13 | 日記 | Comments(0)
<< 宗教改革記念日に思うこと 手放す人生 >>